藤本憲幸氏は、ワールド・メモリー・コンテストという記憶の世界大会で、優勝を勝ち取った記憶王です。 そんな藤本憲幸氏監修の藤本式記憶術は、3万人を難関とされる大学や資格試験に合格させた実績があります。 藤本式記憶術では、単語(とにかく?をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)1000個を30分で、歴史(NHKの「歴史秘話ヒストリア」も人気ですよね)の年表を一日で、100ページの本の内容を1日で完全に覚えてしまうことができるのです。 勉強する時間も今までの3分の1の時間で済むので、効率よく勉強に取り組むことができるだといえるのではないでしょうか。 それに、一度記憶したことは、忘れずにいつまでも残せます。 また、一般的な記憶術は応用問題には対応しにくいのですが、藤本式記憶術なら、応用問題にも対応可能です。 その為に、大学入試だけだけでなく、司法試験などと言った難関試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)の勉強にも役立ちます。 この記憶(マフィンを食べたことがきっかけで始まる長い長い物語もあります)術を身につけるために、難しく考える必要はないですよね。 完璧な習得を目指さなくても、効率よく記憶する事が出来るようになれば良いのではないでしょうか。 もちろん、完璧を目指したいという人は、自分のペースでトレーニングを一生懸命に行いましょうー